鉄製フライパンとアレルギー、代謝との関係

鉄製フライパンによってアレルギーを起こす場合は、キッチンで使用するフライパンの素材にも気をつける必要があります。金属アレルギーはその名のとおり、金属が原因で発症するアレルギーのことです。

金属よりじわじわと溶け出した金属イオンが、ヒトのタンパク質と結びついて、アレルゲンのタンパク質に変化します。これによって金属に触れることでアレルギー反応が起こります。

アトピー性皮膚炎や、今や国民病伴った花粉症との関係も指摘されています。食品添加物や大気汚染、それに残留農薬という環境汚染も、症状を引き起こす一因と考えられています。

金属アレルギーの症状としては、様々な皮膚炎を発症しやすくなります。血液によって金属イオンが、体内へと運ばれることによって、体中に皮膚炎が起きてしまうこともあります。偽アトピー性皮膚炎や顔面湿疹、掌蹠膿疱症や扁平苔癬を発症することもあります。

アレルギー体質を少しでも軽くしていくために、水を飲んで代謝を向上させるのも一つです。

済分はミネラルを含んだ水を、こまめに飲むことで代謝を上げることにもつながります。人間の体というのは、その多くを水分が占めています。水分は体内細胞内において、新陳代謝を順調に行うためにも利用されています。

アトピー体質の人などは、順調な体内の新陳代謝は行われてはいない状態です。脂肪酸が体内で正常に代謝されないと、ホルモンのバランスは乱れることになります。ホルモンはアンバランスになってしまうために、喘息やアトピー性皮膚炎を引き起こすコトンもつながります。

アラキドン酸を含む肉類を少なくして、EPAを豊富に含むほか衣類を増やした食事にすることで、アラキドン酸とEPAにより代謝は活発にはなりますから、バランスは取れるようにはなります。しかし脂肪酸の代謝力が総合的に不足のままだと、何かをきっかけにまた、アトピーが再発することが考えられます。