花粉症の市販薬を紹介!

春先などの暖かくなるにつれてだんだん症状が現れ始めるのが花粉症です。日本だけでも花粉症で悩んでいる人は数多くおり、専門の病院などでも連日多くの患者が来院しています。一年中症状が出ている人もいれば春にしか出ない人など症状の度合いが変わるもの特徴の一つです。主だった症状としては鼻詰まりや喉の痛みなどが広く見られます。

症状の緩和方法

主に緩和方法としては薬を飲むのが一番効果的だと言われています。花粉症に効果を発揮する成分は数多くありますがその中でも特に効果があるのがセチリジンと呼ばれるものです。これは第2世代の抗ヒスタミン薬の一つとして知られ、アレルギー反応を抑制する作用を持っています。
日本では商品名ジルテックなどで販売されており適応している症状としてはアレルギー性鼻炎や皮膚の湿疹などがあります。セチリジンには重大な副作用として痙攣や肝機能低下などが含まれているので、服用する際は医師の指示に従ってください。花粉症の症状の中には目が炎症を起こす場合などがありますが、そんな時に有効な成分として広く知られているのがケトチフェンフマルです。ケトチフェンフマルも抗アレルギー成分で主に点眼薬や点鼻薬に広く含まれています。
ほとんどの薬に含まれているのがフェキソフェナジンデスです。フェキソフェナジンデスはヒスタミンH1受容体拮抗薬で主にアレルギー性鼻炎はもちろんですが蕁麻疹などにも効果を発揮します。フェキソフェナジンデスは第2世代の抗ヒスタミン薬で第1世代に比べ鎮静の副作用が大幅に改善されているのが特徴です。

市販されている薬は効くのか

今現在花粉症に効くとされている薬は市販でも数多く販売されています。ドラッグストアに行った際などに特設コーナーなどを見た事がある人も多いかと思います。できれば病院に行き実際に医師から診察を受けるのが良いのですが、中々時間を作れなかったり近くに花粉症の専門医師がいない場合などは必然的に市販の薬を服用する事になります。
市販されている薬は花粉症に効かないと心配する人も多くいますが、昔と違い今発売されている市販薬は良く効くと言われています。様々な会社が症状に合わせて数多くの薬を販売しており、中には病院で出される物と成分が同じ様なものまであります。その為今の市販されている薬は効くと考えられています。

どの市販薬を選ぶのかは症状の度合いによって異なる

薬は症状に合わせて選ぶ必要がありますが、それは花粉症の薬でも例外はありません。勘違いしている人がいますが市販薬は決して全ての症状に効果があるわけではありません。市販薬は医師の指示で選ぶ事ができなく、自分自身で選ぶか店舗に在籍している薬剤師に聞く必要があります。 特に症状の度合いは人によって異なる為それらをよく考えて選ぶ必要があり間違った薬を服用する事で症状が緩和する事が難しくなる場合があるだけではなく、最悪症状が悪化する場合があります。

比較的軽い鼻炎の場合におすすめ

コンタック鼻炎Zは前述にもありますセチリジンを含んでいる鼻炎薬で、その特徴としては寝る前に一錠服用する事で翌日の夜まで効果が持続します。コンタック鼻炎Z特にアレルギー症状が軽い初期の段階の服用を考えて作られている為比較的体への負担も少ないです。
似た様な効果がある薬としてストナリニZというものがあります。ストナリニZも1日1回の服用で効果を発揮しますがこちらはアレルギー性鼻炎専用の内服薬なのでより高い効果を期待でき、こちらは症状が酷くなってからでも良く効くと言われています。

おすすめの情報

セチリジンの効果や副作用などは下に記述した外部リンクを参考にしてください。

セチリジン – 花粉症・抗アレルギー薬@通販

忙しい方におすすめの鼻炎薬

多くの薬の場合服用後に眠くなる場合がありますが、仕事などに支障をきたすと場合があります。そんな時におすすめなのがアレグラFXです。このアレグラFXの最大の特徴は眠くならない事で、更に集中力が低下する事も抑えられています。1日2回服用する事で24時間効果を持続可能で、更に空腹時にも服用可能な点も忙しい人にはおすすめの点です。