甲殻類など食べ物アレルギーのスクラッチテスト

食物アレルギーとは、該当する食物を摂取することによって口の中がかゆくなったり喉が腫れたり、じんましんがあらわれたり、触れた皮膚の部分が赤くなったりする症状のことで、症状が酷い場合は嘔吐したりアナフィラキシーショックを起こして呼吸困難になり、まれに死に至ることもありえる、本当はとても怖い決してあなどることのできない症状のことです。
普段はなにを食べてもアレルギー反応のない大丈夫な人でも、そのときに免疫力が落ちていたり、熱があったり他の病気を発症していたり、体調が悪いときなどにその食物を食べると急に発症することもあります。
甲殻類などを食べて反応が出た場合、その原因の食物じたいを探す必要があります。
主な判定方法にスクラッチテストというものが存在します。
甲殻類など食べ物アレルギーのスクラッチテストの仕方ですが、背中や腕などの皮膚に針で傷や押し後をつけて、アレルギー物質と疑われる甲殻類などの食物のエキスを一滴ほど垂らし、皮膚が赤くなるかどうかを確認します。
このテスト方法は他の方法に比べて手軽であり、痛みはあまりなく、きずあとの残らないことが多いのが特徴です。
一般的には十五分後に判定をして、その部位が蚊に刺されたように赤く腫れていれば陽性ということでアレルギー反応ありということになります。
スクラッチテストは値段も安くその場で判定もしやすいテスト方法になりますが、重い場合は全身にアレルギー症状が出て、本人が症状がおさまるまで苦しむこともあるので、医師の指導の元、医療機関でテストを行うことが大切になってきます。
そして残念ながら反応が出た場合は、なるべくその食品を摂取することを避けることが大事になってきます。