住む地域によってはアレルギーが治らないことも

アレルギーの原因になるものは、さまざまなものがあります。アレルギーというとアレルギー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などありますが、それは原因の物質が体内に入り込むことで、体内で過敏に反応をして皮膚炎や鼻炎を起こしているのです。そしてその原因物質として花粉などもあり、花粉が原因の場合には、季節によって、また住むところによって全く反応が異なります。現在よく言われる花粉症はスギ花粉が原因であることが多いですが、この木は日本に一般的に多い木です。しかし住むところによっては、その杉が少ないところもあるのです。もしも花粉症がひどい人が杉のないところに転居したらどうなるでしょう。原因物質がなくなるわけですから、体内に原因物質が入ることもなくなり、アレルギー反応は少なくなります。その結果症状が軽くなることが予測されます。また大気の中や室内にも原因物質になるものがあります。これはハウスダストやカビといったものですが、湿度が高いところや雨が多い地域などはカビが発生しやすい環境になります。また同じような地域でも家の日当たりだけで全く湿度などの環境が変わってくるのです。そのために、住む地域を変更することによって、アレルギーを軽くすることが出来るのですね。人によっては原因物質に過敏に反応することもあります。また常に持っている不安な気持から、皮膚や鼻の症状を起こしてしまうということもあるのです。精神的な面を考慮しても、住むところを変更し、精神的な不安を軽減することが出来たら、アレルギーの反応自体を少なくすることも可能です。これまで内服が必須という人も内服がもう必要ないというところまで改善をすることもあるのです。