コーヒーアレルギーと看病の仕方

 皆さんが普段愛飲されているコーヒーにもアレルギーの原因が潜んでいて、人によっては体調を崩したり、中には適切な処置を行わないと大きな事故につながるケースもあります。この原因のひとつとしてコーヒーに含まれるカフェインが影響するとされています。コーヒーやコーヒー豆からの抽出物にカフェインは含まれており、人体が刺激されることで覚せい作用や強心作用を得ることができます。しかし、このカフェインは刺激物であるため、大量に摂取することで中毒症状を起こしたり、人によっては過剰に影響を受けてしまうカフェイン過敏症の症状がでるなど、人体への悪影響がみられます。このカフェインを主要因として発生する症状がコーヒーアレルギーとされ、アレルギーの症状としてはじんましん・頭痛・吐き気・下痢などが挙げられます。 アレルギー症状を抑えるには基本的には過剰なカフェインの摂取を控えるため、コーヒーの飲む量を調節する、コーヒー豆などのカフェインの多い食品を食べないなどの対策が考えられます。
それでは、もし実際にこのような症状がでたらどのような応急処置と看病を行うのが有効なのでしょうか?一般にカフェインは交感神経を刺激する作用があり、胃液の分泌量が増え胃酸によって胃が荒れ、さらに腸内環境へ悪影響を及ぼします。このような場合、まずは交感神経を抑えるために楽な姿勢でリラックスすることや、体外へカフェインを排出するために意識的に多くに水を飲むことが有効です。また、対処療法的ですが、頭痛が起きた時には鎮痛薬を服用することも対処法の一つとなります。一方でじんましんなどが出る場合には上記の看病策をとりながら、早めに皮膚科に相談することが大切です。